読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rainbow Moon Diary

写真と音楽が好きな3児の父。たまにドラムも叩いています。気ままに撮影した写真と音楽の話題をアップしていきます。

Rainbow MONSTERS OF ROCK 1980


558e01ec.jpg
「Rainbow MONSTERS OF AT DONINGTON 1980」

やっと手に入れました。

 

1980年8月16日に開催された第1回モンスターズオブロックのヘッドライナーを務めたレインボーのライブCD&DVD

 

当時のレインボーのメンバーは

 

グラハム・ボネット(Vo.)

コージー・パウエル(Dr.)

ロジャー・グローバー(B.)

ドン・エイリー(Key.)

リッチー・ブラックモア(G.)

 

の5人。メンバーの実力、知名度からすれば歴代最強のメンバーではないでしょうか?


3fa06e64.jpg
このメンバーで制作された「Down To Earth」アルバムは前作「Long Live Rock'n'Roll」よりさらにコマーシャルな方向性でしたが、ドラマチックな「Eyes Of The World」から始まるこの時期のライブは、メンバーのソロパートが多く曲が長いというロニー・ジェイムス・ディオ時代からの70年代的な流れをまだ引き継いでいたように思います。


8278502f.jpg
 この70年代的なライブの流れの原動力はもちろんリッチー・ブラックモアなのですが、今回このCDを聴いて「Catch The Rainbow」での静と動を操るプレイ、「Stargazer」の地を這うような重いグルーヴ、そして「1812」での自身のドラムソロ・・などコージー・パウエルの存在感の大きさに改めて圧倒されました。


8205a7aa.jpg
 

このライブを最後にコージーもグラハムも脱退してしまい、この強力なラインナップはアルバム1枚で終わりを迎えてしまいます。それは同時に初期のドラマチックなレインボーの終わりだったのかもしれません。

 

その後レインボーはジョー・リン・ターナーを迎えて「Difficult to Cure」アルバムを作り、コマーシャルなスタイルを確立させ新たなファンを獲得していきます。

 

1980年という節目の年にスタイルが変わっていったのはリッチーの計算だったのがどうかはわかりませんが 、この「MONSTERS OF AT DONINGTON 1980」がリッチー・ブラックモアやレインボーにとって大きな転換点だったことは間違いないと思います。


ダウン・トゥ・アース

ダウン・トゥ・アース